<   2016年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
米国におけるイチョウ葉エキスの評価  (認知症予防の臨床治験)
・米国の多くの人がイチョウ葉エキスを栄養補助食品として健康のために利用している。

・米国では栄養補助食品市場が成長しているなかで、イチョウ葉エキスはトップの売り上げを示している。

・EGb761の有効性を示す中心的なエビデンス(薬理作用のデータ、老齢健常者のデータ、EPIDOS試験)は、痴呆症・アルツハイマー病に対して予防を示すという点にある。

・米国立老化研究所(NIH/NIA)では、イチョウ製品の有効性および安全性を証明するために大規模な疫学臨床試験に取り組んでいます。

・研究費(1,500万ドル)を無駄にしないために、イチョウ葉エキスの最も高い効果と安全性データが確保されているという点で、EGb761が選択されています。



----------- 臨床試験の目的 ----------------------------------

・イチョウ葉エキスによる痴呆症の予防
 (イチョウ葉エキス投与でアルツハイマー病を予防または治癒できるか)
・イチョウ葉エキスの一日の用量240mgの安全性・副作用
 有効性と安全性の観点から推奨できる一日の用量はどれ程か
[PR]
by 30211955 | 2016-02-23 20:59 | 認知症予防臨床試験(米)
ドイツでのイチョウ葉エキスEGb761の  薬理研究
イチョウ葉エキスは現在いろいろなものがありますが、ドイツのシュワーベ製薬のイチョウ葉エキス【EGb761】の最近の薬理研究と臨床試験の結果をご紹介します。
  *【EGb761】はドイツDr.W.シュワーベ製薬が開発したイチョウ葉エキスの商標です。

---------------【EGb761の薬理作用】--------------------

■神経保護作用(細胞の統合性/機能性の向上、細胞生存能の上昇)
・フリーラジカル除去作用
・細胞保護作用
・脳エネルギー代謝の改善
・低酸素および虚血による障害に対する保護作用
・アミロイドβ蛋白蓄積の阻害

■老化に伴う神経伝達物質減少の抑制作用
・神経伝達能の促進(アセチルコリン/セロトニン)
■記憶および学習能の改善効果
■ストレスに対する適応能力の促進効果

-------------------------------------------------------

EGb761は「血管性認知症」「アルツハイマー痴呆症」「抹消動脈閉塞症(PAOD、間歇性日跛行)」「耳鳴りなど血液低潅流による感覚器官の機能障害」の臨床効果だけでなく、健常人の「血液粘度」「脳波」「認知能」でも効果を示すことがわかっています。
 様々な薬理作用をもっているEGb761ですが、ドイツやその他の国では、血管性認知症およびアルツハイマー病の治療薬(医薬品)として認可されています。
[PR]
by 30211955 | 2016-02-23 20:00 | EGb761の最近の薬理研究