カテゴリ:EPIDOS試験(フランス)( 1 )
EPIDOS試験(フランス)
EPIDOSは骨粗しょう症の疫学評価(Epidemiology of Osteoporosis)を意味します。

・この試験には7,598名の75歳以上の女性が参加しています
・初期の目標は高齢な女性の大腿骨頚部骨折のリスク因子を検討することでした。
 4~7年間の多様な健康に関するデータが集められ、その中には様々な病気の治療内容
 が含まれています。
・EPIDOS解析には独立したデータベースを使用しており、老化に伴うさらにすすんだ分析
 に適しています。
・最近では、アルツハイマー型認知症の病気の進展に関与する要因の発見が紹介されて
 います。


アルツハイマーとEGb761についてのEPIDOS試験結果
・714人の女性の認知能に関する状態について紹介された。
・そのうち110人のアルツハイマー病患者の症状が進行した。
・414人の女性(そのうち69人のアルツハイマーの症状が進行した)が、初期段階では
 全く認知能障害を患っていなかった。
・認知症が進行した女性は、認知能が維持された女性に比べ、明らかにイチョウ製品を
 含む向知性薬を使用していなかった。
・ほかの向知性薬と異なり、EGb761は1年間の継続的な投与によって、明らかに有益
 であることがわかった 。
[PR]
by 30211955 | 2004-11-27 13:24 | EPIDOS試験(フランス)