カテゴリ:1999年臨床試験比較評価( 1 )
Wettsteinの臨床試験(1999年)
EGb761、tarcrine、donepezil、rivastigmine、metrifonateの臨床上の有用性(有効性/安全性)を比較し、認知力低下の遅延を基礎として評価しました


Wettsteinの臨床試験の結論
・EGb761およびコリンエステラーゼ阻害剤は認知症状の進行を遅らせ、その遅延され た期間はほぼ同じである
・EGb761とこれらのコリンエステラーゼ阻害剤との臨床上の有効性の差はないことが明らかになった
・どの薬剤も認知症の治療に適用できる正当性が示されている
・試験期間において、EGb761投与の副作用により脱落した例は極めて少なかった
[PR]
by 30211955 | 2006-05-03 13:21 | 1999年臨床試験比較評価