カテゴリ:1994年臨床試験( 1 )
Hofferberthの臨床試験(1994年)
試験方法:無作為割付、プラセボ対照、二重盲検、臨床治験
対象患者:40名のアルツハイマー患者
試験期間:3ヶ月間
投与用量:EGb761の錠剤を240mg/日、またはプラセボ錠

一次エンドポイント:シンドロームクルツ試験(SKT)「短期症状の評」)
二次エンドポイント:サンド臨床老化度評価スケール(SCAG)、
            サッカード試験(REM、急速眼球運動)、
            選別能力検査、脳波学的評価
b0035141_197475.jpg


-------------Hofferberthの臨床試験の結論------------------------------
・EGb761はSKT評価により測定した記憶および注意力をプラセボ投与に
 比べて改善した
・EGb761は投与一ヶ月後にて有意な改善を示した
・SCAGスコアーの改善はEGb761の精神病理的学的な見地からも改善
 効果を明らかにした
・EGb761の認容性は優れていた
--------------------------------------------------------------------
[PR]
by 30211955 | 2006-05-03 13:19 | 1994年臨床試験