脳神経細胞エネルギー代謝障害とEGb761
1、グルコ-スの欠乏に対するEGb761の薬理作用

グルコ-スが欠乏すると
・神経細胞エネルギー代謝障害
・脳機能悪化(学習能、記憶)
・認知症
の病態が発生します。

グルコース欠乏のモデル実験(Hoyerの薬理研究:1999年)
・糖尿病に至らない用量のストレプトゾシン(STZ)をラットの脳室内に投与した
・STZ処理後にEGb761(50mg/日)を投与した
・測定項目は「記憶機能」「受動的回避学習能」「高エネルギーリン酸化合物」
・STZ投与群7日後では記憶スコアーが低下したが、EGb761投与群では神経機能が維持され、脳神経細胞のエネルギー代謝維持効果が認められた

b0035141_1895178.jpg

--------------------- このHoyerの研究結果 --------------------
・EGb761はSTZ誘発の記憶障害を抑制した
・EGb761は学習能低下に対し、部分的に回復効果を示した
・EGb761は阻害された脳エネルギー代謝を正常レベルまで回復させた
--------------------------------------------------------------------
これによりHoyer は,EGb761は学習能やエネルギー代謝を改善させ、認知症における脳障害を改善する効果を示したと結論しています。


2、微小循環障害に対するEGb761の薬理作用

微小循環は血液を貯蓄する大切な器官で、障害されると血圧に大きな影響を与えます。
また、熱交換や体の細胞に酸素栄養成分を運搬する働きをし、動脈J硬化や炎症により毛細血管が障害されると、細胞代謝が阻害され、局所的な虚血によって細胞壊死が起きます。特に脳の微小循環障害は学習能力の低下(記憶の障害=認知症)のほか、次のような病態をみ出します。
・酸素欠乏、瀕死のニューロン、一過性の虚血障害、集中力および記憶の障害
・感覚器官(例えば目や耳など)の機能障害、めまいや耳鳴り、突発性難聴など
・視覚および視覚領域の異常

EGb761の微小循環改善に関する臨床試験(Kloppの臨床試験:2002年)
・試験タイプ:薬理効果試験
・患者:老年病科外来の40名の様々な疾患を有する老齢患者
・投与期間:40日
・用量:EGb761 240mgを20名にその他は参照グループ
・試験方法:高品位生体顕微鏡を使用し、皮膚および直腸の同一部位をEGb761投与前と投与後で観察、測定した。

--------------------- Kloppの研究結果 -------------------------
・EGb761は統計的に有意な毛細血管への血液流入および細静脈への潅流を増加させた
・EGb761は組織への血球分布を改善させた
・EGb761は細動脈および細静脈の適応能を向上(血管運動)させた
・EGb761投与の一週間後の検査では、組織酸素分圧の有意な上昇をみせた
--------------------------------------------------------------------
下の写真には、,EGb761によって血液の粘度が低下し血流が改善されたことが示されています。
b0035141_16152369.jpg

[PR]
by 30211955 | 2004-12-03 18:12 | 脳神経細胞エネルギー代謝障害
<< アルツハイマー病の成因 米国立老化研究所(NIH)によ... >>