米国立老化研究所(NIH)によりGEM試験
試験方法:無作為割付、プラセボ対照、二重盲検、多施設臨床治験
対象患者:3000名の認知症ではない75歳以上の被験者
試験期間:5年間
投与用量:EGb761の120mg錠を2回投与(240mg/日)、またはプラセボ錠

スケジュール:試験開始2000年10月~試験終了2007年10月
一次エンドポイント:認知症の罹患率(特にアルツハイマー病)
二次エンドポイント:血管性病変の発生率・認知能の変化・死亡率・身体機能の変化
            
*GEM試験の実際
・GEM試験の参加者募集:2000年9月~2002年6月
・総計3,074名の志願者が以下の施設で試験に参加中

    カリフォルニア大学デービス校(カリフォルニア州)
    ジョンホプキンス大学(メリーランド州)
    ピッツバーグ大学(ペンシルバニア州)
    ウエイクフォレスト大学医学部(ノースカロラインナ州)

・1年後では、参加者の95%が試験継続しており、84%が投与継続中。
 GEM試験は認知症の予防について、検討された薬物のなかで最も大規模な試験と
 なっています。
[PR]
by 30211955 | 2004-11-27 13:32 | 認知症予防臨床試験(米)
<< 脳神経細胞エネルギー代謝障害と... EPIDOS試験(フランス) >>